端をクリックすると全商品へのリンクが開きます!
ログイン メルマガ登録
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
 
 
 
 
 
 
 
関西同人活動支援会カンドウエイト DOUJINJAPAN2020
 
原稿データの形式について   >>アクリル製品の原稿作成についてはこちら

★完全原稿でご入稿ください。
入稿データは弊社にて修正作業等の必要がない、完全な状態での完成データをご入稿ください。
不備があった場合には、原則としてお客様ご自身で修正されたデータを再度ご入稿していただく事になります。
完全データが届いてからの作業となる為、データの入稿が遅れた場合には納期が延びる事がございます。
原稿を送付される前にサイズや塗り足し等の確認作業を必ず行なってください。
★アクリル商品の白押さえ・カットラインの指定を当店で作成する「おまかせ入稿」オプション(3,000円)もご用意しています!

★原稿サイズ
商品によって、印刷範囲は異なります。
必ず商品ページにある製品仕様の印刷サイズをご確認の上、原稿を作成してください。
テンプレートがあるものに関しては、テンプレートをご使用ください。
ご不明な点やテンプレートのご要望等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

★塗り足し
塗り足しとは、仕上がりサイズよりも外にある、裁ち落とされる部分のことをいいます。
商品に印刷を行なう際に作業工程上、どうしても多少のズレが生じてしまいます。
絵柄が仕上りサイズぴったりだと作業によるズレの分だけ印刷されていない地色が出てしまう為、塗り足しを作る事で地色が出るのを防ぎます。
絵柄が仕上りサイズよりも小さい場合にはなくても大丈夫です。

入稿方法

原稿入稿は、ご注文後に自動返信メールにて専用フォームをご案内いたします。
不都合がある場合は、ファイルストレージサービス等でのご入稿も対応いたしますので、ご相談ください。

データ入稿

●Windows対応アプリケーション
全てのバージョンのPhotoshop
PSD、TIFF、EPS形式で保存可能なグラフィックアプリケーション
Illustrator8.0〜CC
PDFファイル

●Macintosh対応アプリケーション
全てのバージョンのPhotoshop
PSD、TIFF、EPS形式で保存可能なグラフィックアプリケーション
Illustrator8.0〜CC
PDFファイル

データの中身確認

入稿する圧縮ファイルに必要なデータの入れ忘れがないよう、ご注意ください。
また、不要なデータは入稿しないでください。
※当社で推奨している方法以外で作成されたデータに関しては補償の対象外とします。


●フォトショップで原稿データを作る。 / ●イラストレーターで原稿データを作る。


フルカラー原稿の推奨解像度

解像度は画像の画素の密度を表す数値で、印刷物では数値が大きいほど画像の細部まで
再現された印刷になり、逆に数値が小さいほど画像が粗く全体的にぼやけた印刷になります。

下記の数値は当社推奨解像度です。各数値以外の解像度でも作業は可能ですが、
数値によっては仕上がりが粗くなる、モアレが発生するなどの恐れがありますので、
極力推奨解像度での作成をお勧めします。


※一部商品では推奨解像度が異なる場合があります。
 データの作成前に各商品ページでご確認ください。
原稿カラーモードについて

CMYKまたはRGBいずれかのモードでデータを作成してください。
(アプリケーションによっては、選択出来るカラーモードがRGBのみの場合があります)

★RGBモードでのご入稿も可能です!
RGBで作成されたカラーデータは、弊社で全てCMYKモードへ変換作業を行います。
RGBからCMYKへの変換
RGBはCMYKに比べて再現可能な色域が広いため、
CMYKで再現出来ない蛍光色などは変換の際に色が変わってしまう可能性があります。

レイヤーの統合

基本的に、製作作業時に思いがけない形で出力されるのを防ぐために、
原稿作成の際に作成されたレイヤーを統合していただく必要があります。
レイヤーの統合につきましては、各商品により仕様が異なる場合がありますので、
あらかじめテンプレートもしくは商品ページをご確認ください。

不要なチャンネル・パスを削除する

アルファチャンネルや作業用パスなどが残っていると印刷に悪影響が出る場合がありますので、
入稿前に必ず削除してください。

不要なチャンネルの削除
必要なチャンネル以外を選択し、ごみ箱のアイコンをクリックしてください。

☆印刷に不要なチャンネル
CMYKモードであれば(CMYK/シアン/マゼンタ/イエロー/ブラック)以外のチャンネル
RGBモードであれば(RGB/レッド/グリーン/ブルー)以外のチャンネル
グレースケールモードであれば(グレー)以外のチャンネル

パスを削除する
入稿時にパスパレットはパスが無い状態にしてください。

注意事項
  • 入稿する圧縮ファイルに必要なデータの入れ忘れがないよう、ご注意ください。
  • 不要なデータは入稿しないでください。
※当社で推奨している方法以外で作成されたデータに関しては補償の対象外とします。

Ai
原稿のカラーモードについて
CMYK
illustratorの場合カラーモードは必ずCMYKモードで作成してください。
配置画像について

配置する画像はEPS形式で保存してください。
また、必ずillustratorファイルと配置した画像ファイルを一緒に入稿してください。
配置した画像はillustratorのファイルとは別のフォルダに入れるようにしてください。
配置した画像を家庭用プリンターで出力した際に画像が粗く印刷される事がありますが、
画像に問題が無い場合、実際の印刷では正しい印刷結果を得る事が出来ます。

推奨解像度、その他作成方法に関しては下記ページも合わせてご確認ください。


Photoshopで作成する

※illustratorの配置画像は必ずCMYKモードで作成してください
文字をアウトライン化する

illustrator上で入力した文字は全てアウトライン化してください。
アウトライン化されていない場合、文字化けしてしまい正しい印刷が出来ません。
入稿される前に必ずご確認ください。

■アウトライン化の方法

アウトライン化したい文字を選択し、
「書式」→「アウトラインを作成」でアウトライン化することが出来ます。

この時に、レイヤーや文字にロックがかかっていると選択されず、アウトライン化されません。

必ずレイヤーのロック解除と「オブジェクト」の「すべてをロック解除」を行ってからアウトライン化してください。
配置画像について
  • 「塗り」でライン(線)が描かれている場合は印刷で再現されませんので、必ず「線」で描いてください。
  • カスタムカラーで着色を行わないでください。必ずCMYKで着色してください。
  • 入稿する圧縮ファイルに必要なデータの入れ忘れがないよう、ご注意ください。
  • 不要なデータは入稿しないでください。
*当社で推奨している方法以外で作成されたデータに関しては補償の対象外とします。

ページトップへ